トップページ

SYOEIMAGAZINE

2021[Tue]

07.06

『営業トーク』は、しません

これは購入希望のお客様でも、売却希望のお客様でも

共通している ”私たちの接客スタイル” なのですが、私たちは、

 

 

 

『本音』でしか話しません。

 

 

 

売却委任を取りたいがための 営業トークや、

こちらから営業の電話をかける等は、一切行っていません。

 

 

 

※過去記事 『じつは、営業はしていません』

 

 

 

 

 

 

しかし、現在は『売却一括査定サイト』等が増え、

 

営業成績を上げるために

 

『成約しない査定額』を出す業者さんも、少なくありません。

 

 

 

実際、一括査定サイトに査定依頼すると、最大で

 

 

『査定額に1000万以上の差』

 

 

が出る場合もあります。

(※その後、昼夜問わずの営業電話に悩まされることも、、、)

 

 

 

なぜ、このような差が生まれるかと言うと、

売却委任を取るため

 

 

 

『査定額を上げてしまっている』

 

 

からです。

 

しかし残念ながら今のお客様は、スマホで毎日のように

不動産サイト(SUUMO、athome等)をご覧になって

『相場をよく知っている』ため

相場より高い場合、問合せ数が極端に少なくなります。

 

 

※『高く出して、段々下げていけば良い』

 という考えもありますが、不動産サイトに長く掲載されていると

 今は、それだけで『売れ残り物件』というイメージが付いてしまい

 相場より下げても、問合せが来なくなってしまうこともあります。

 

 

 

 

 

 

弊社では、このような

『売却委任を取るために、査定額を水増しすること』

は一切行っていません。

 

 

逆に、私たちが売却相談で大切にしているのは、

『実際に成約する査定額』をお伝えすることです。

 

 

 

査定額は「事例地比較法」という手法で算出しますが

根拠となる近隣販売事例の具体的データをご提示し、

「近隣がこの額で成約しているので、査定額は〇〇万円です」

という形で、ご説明させて頂きます。

 

 

 

 

そして、この『成約査定額』

 

お客様の ”この位で売りたい” という『売却希望額』をお聞きし、

 

お客様と一緒に『売出し価格』を決めています。

 

 

 

 

 

 

他のページでも書きましたが、

弊社近辺は人気地域なので、購入希望の方は沢山いらっしゃいます。

 

売却する不動産に、大きな問題がない限り

『適正価格』で出せば、必ず成約に至ります。

 

 

 

ですので、大切なのは『本当に成約する額』をご提示し

確実に売却を進めることだと思っています。

 

 

 

営業トークではない『本当の査定額』を知りたいという方は、ぜひご相談下さい。