松栄のコラム&ブログ

松栄新聞131号「オフィス街や繁華街はこれから大量退店が予想されます」

2021/01/22

 

2020年12月、大家さん通信『松栄新聞』を発行しました。

 

 

 

 

以下 文字起こし

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

11/28 松栄1階のケーキ屋さんがオープン!

 

 

連日行列が出来ており、早速街の人気店となっております。

 

 

 

オフィス街や繁華街はこれから大量退店が予想されます。

 

 

 

明るい話題ではないのですが、

タイトルの通りこれから「大量退店」が予想されます。

 

 

理由としては、 コロナの再流行により、忘年会・新年会が90%以上開催されないなど、

オフィス街や繁華街に、毎月 数百万円の家賃を支払い、出店している居酒屋チェーン等が、撤退準備を進めているためです。

 

 

 

 

 

 

 

私(酒井)自身も例年12月は、毎週数件の忘年会が入っており、重なる日は2件出席することもありました。

しかし、今年は自宅から参加するオンライン忘年会が数件のみとなっています。

 

 

ワクチンが開発されれば、 という話はありますが、まわりでも「以前より飲みに行きたいと思うことが減った」という人も多く、 

 

習慣の変化」が起きてしまっているため、一時的な需要減で終わらない可能性も高くなっています。

 

 

店舗専門の不動産仲介業の知人も同様のことを言っており、オフィス街/繁華街のオーナー様にとっては 厳しい時代となっていきそうです。

 

 

しかし一方で、住宅街の店舗は来店が増えているというデータもあり、暗い話だけではないようです。

 

 

大手飲食店の中には、繁華街に 大型店を出店するのではなく、

ローカル駅に小中型店を細かく 出店する計画を練っている会社 もあり、妙蓮寺、白楽、菊名の ような「ローカル駅」は、これ から注目されていきそうです。

 

 

 

 

冬がきましたが、松栄はまだエアコンを1回しか使っていません。

 

 

 

 

 

 

最近本格的に寒くなってきましたが、松栄は新店舗に移転してから まだ1回しかエアコンを使用していません。 

 

寒いまま過ごしている という訳ではなく(笑)、エアコンを使用しなくても室温20度前後 を保てているためです。

 

 

要因としては建物の断熱性能を『G2』と いうレベルまで上げており、さらに換気も熱を逃さないシステムに しているためです。

 

 

どれくらい暖かいかというと、気温が一桁台の日に朝出勤しても 建物内は20度前後あるため、

エアコンをつけずに仕事を開始し その後ランチで外出すると「外ってこんな寒かったんだ、、、」と 寒いことを思い出すという感覚です。

 

 

 

コロナ対策のため一部窓を 開けていますが、それでもこの温度環境なので一般住宅の場合は、更に暖かい家になると思います。 

 

少ないエネルギーで快適に過ごせ環境への負荷も抑えられるなど、高断熱高気密の建物は、これからどんどん普及していきそうです!

 

 

 

 

(代表 酒井)