松栄のコラム&ブログ

お客様インタビュー#01 大倉山S様

2019/11/15

 

 

住まいの松栄で、家を建てたお客様のお宅にお伺いし、

 

『実際に住んでみてからの感想』を聞かせて頂きました。

 

 

 

 

 

S様のお住まいは、建築条件付売地(建築会社が決まっている土地)での、

土地購入から設計、デザイン、建築も、全て住まいの松栄で行わせて頂きました。

 

 


 

最寄り駅 : 大倉山(徒歩12分くらい)

家  族 : ご夫婦2人、お子様2人

建築年  : 2017年

概  要 : 木造2階建て + ロフト、

      1階寝室×3 + シューズクローク

      2階リビング + 洗面・浴室 + キッチン + パントリー + ロフト

設計施工:住まいの松栄(酒井政喜・酒井洋輔)

 


 

 

妙蓮寺 松栄建設 インタビューs01

 

 

―もともと田園都市線沿線にお住まいでしたよね。

 

 

田園都市線の宮崎台ですね。大学から横浜に来ていましたが、元々は関西出身なので、横浜は縁もゆかりもない地域でした。

 

 

 

 

 

―どのくらい土地を探されていましたか?

 

 

この土地に巡りあうまではかなり探しました。ネットで探した期間を含めて一年位です。

 

最初は田園都市線沿いで探したのですが、都心から離れても値段が下がらなくて、、、それであれば東横線も探してみようかと。

 

そこから東横線でも探して、この土地をネットで見つけて、実際に見に来たら良かったので、すぐに松栄さんに連絡しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

―そこからトントン拍子でしたね。

 

 

当時、松栄さんには1週間くらい返事を待っていただきましたね。

 

『早く買わないと売れちゃいますよ!』

 

みたいなプレッシャーは一切なく、、、

逆に返事を待ってもらっている間に、どんな間取りや、どんな家ができるか教えてくださったりしたので、

 

『信用できるところだな』 と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

―家を立てようと思ったきっかけはなんですか?

 

 

上の子が小学校に入るまでには場所を決めないと、という思いがありました。

 

購入したあとも周辺の土地を見ていたのですが、建物の仕様も自由にさせてもらえて、総額であのお値段だったので、かなりお得だったのかなと思っています。

 

 

 

 

 

―大倉山にも歩けて、トレッサなど買物も便利な立地ですからね。自分も欲しいくらい(笑)。

 

 

 

本当にラッキーでした(笑)。

 

 

 

 

 

―奥様は家づくりでやりたいことが決まっていましたね。

 

 

そうですね、いろいろやりたいことがありすぎて、絞るのが大変でした。

ショールームは床、外壁、壁紙などでそれぞれ3回は行きました。

 

 

妙蓮寺 松栄建設 インタビューs02 妙蓮寺 松栄建設 インタビューs03

 

 

―平日はどんな生活をされていますか。

 

 

夫が出勤したあと、下の子を幼稚園に連れて行ってから、夕方まで家でゆっくりとすることが多いです。

 

 

 

 

 

―お休みの日はどのような感じですか。

 

 

お出かけする日以外は、家でのんびりしてから買い物に行ったりします。

買い物は近所のスーパーが多いですが、コーナンに植物やDIY用品を見に行ったりもします。

 

 

 

 

 

妙蓮寺 松栄建設 インタビューs04 妙蓮寺 松栄建設 インタビューs05

 

 

―家さがしで大切にされたことは何ですか?

 

 

家の周りの環境ですね。駅からの距離や買い物に便利であること、小学校が近いことなどです。また、車の出入りがしやすい場所がいいですね。

 

この辺りは細い道が多いのですが、この家の前は、対向車が来てもすれ違えることも大きなポイントでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

―逆に、家さがしで大変だったことは何ですか?

 

 

自分たちで納得のいく物件がなかなか見つからなかったことです。

建売はどうしても自分が気に入らない部分がある一方で、土地購入+注文住宅だと高くなりすぎて・・・

 

 

 

 

 

―この家みたいに『南向きで、駅からの距離も良くて、道路も広くて、区画もきれいな土地』って本当に出ないんですよ。

 

 

見てきた物件は、途中の道が狭かったり日当たりが悪かったり、何か気になるポイントがあったのですが、この土地はダメっていうポイントがなかったです。

 

ただ最初「建築条件付売地」は、どこまで建物の注文ができるのかがわからなくて・・・。

 

松栄さんに行ったときに、親身に相談に乗っていただけたので「ここなら間違いないだろう」と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

―リビングに吹抜がありますが住み心地はどうですか。

 

 

夏はロフトの上の方だけ少し暑いことがありますが、夏の直射日光は入りにくくなっているので、窓を開けて過ごす日もあります。
冬は日差しが入るのと床暖房があるのですごく暖かいです。

 

エアコンは乾燥するのでほとんど使っていないですね。

子どもは床でよく遊ぶので、床暖房があってよかったです。

 

ロフトは完全に子どもの遊び場で、友達が来てもみんな上がっていきますね。

 

 

妙蓮寺 松栄建設 インタビューs06 妙蓮寺 松栄建設 インタビューs07 妙蓮寺 松栄建設 インタビューs08

 

 

―この辺りに住んでみてよかったところはどこですか。

 

 

雰囲気が落ち着いているのと、どこに行くにも便利なのがいいですね。

東京も横浜も新横浜も近いですし、出張の時にも便利です。

 

 

 

 

 

―逆に、住んでみて困ったことはありますか。

 

 

人通りの割には(大倉山)駅前の道が狭いことですね。

 

 

 

 

 

―お気に入りのお店などはありますか。

 

 

家の居心地が良くて、すぐに家に帰ってしまうので・・・。

そういえば、息子の友人のお父さんがケーキ屋さんをやっていて、そこのケーキが美味しいんです。

 

コーヒーも家に帰ってきて飲んでしまいます。それ用にコーヒーが美味しく飲める機器を揃えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

―家のなかで一番こだわった部分はありますか。

 

 

間取りですね。家事動線にはこだわりました。また、パントリーやシューズクロークなどの収納も作ってよかったなと思っています。

 

 

妙蓮寺 松栄建設 インタビューs09  

 

 

―好きなテイストがご自身で分かってらっしゃるからいいですね。

 

 

こだわりに合うものを探すのが大変ですね。見た目が良くてもサイズが入らないとか。家具も結構選ぶのに時間がかかります。

逆に、夫はこだわりがなくて、「ご自由にどうぞ」という感じです(笑)。

 

 

妙蓮寺 松栄建設 インタビューs11

 

 

―この家でどんな時に幸せを感じますか。

 

 

僕は土曜日にゆっくり起きてきて、家族でのんびりと朝食を食べる時ですね。

朝はパンと目玉焼きなどが多いです。

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

以前は、休日は大体外食でしたが、ここに引っ越してから外食はしなくなりました。キッチンが広くなって使いやすくなりましたしね。食洗機もあるし、広いので配膳も片付けも楽です。

 

外にいても家に帰って食べようかとなります。子どもも『家が好き』ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

―息子さんは将棋をやられているんですね。

 

はい。兄弟とも将棋をやっています。上の子はもう夫でも敵わないですね。そこのカウンターでパソコンを見ながらよく研究しています。

 

 

妙蓮寺 松栄建設 インタビューs12

 

 

―奥様はどんな時が一番幸せを感じますか。

 

 

家で一人でゆっくりしている時が一番幸せです(笑)

この家は自分の好きなようにできたので、とても落ち着きます。幼稚園に子どもを送った後は、友人を家に呼んでゆっくりおしゃべりしたりもしています。

 

 

 

 

―松栄で家を建てて良かったことを教えてください。

 

 

松栄さんは家族的な感じで、信用できるのはもちろんですが、とても話しやすかったです。押し売り的なプレッシャーが一切なかったのも良かったです。最初に土地購入を待っていただけたのもとても印象が良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

―逆に、良くなかったところも教えていただけますか。

 

 

(この当時は紹介のお客様がメインだったので)当時は採用メーカーに縛りがあったので、もっと色々なメーカーから選べれば良かったなと思いました。

 

でも松栄さんのホームページ見てたら、その後進化してて、、、(笑)

 

最近建てた家が、すごくおしゃれで、うちでやりたかったことが全部盛り込まれていましたね(笑)

 

 

 

 

 

―外壁がガルバリウム鋼板の家ですね。

 

実は、外壁は黒のガルバリウム鋼板にしたかったんです。

 

あとは、1階の洗面は造作カウンターにするなどこだわりましたが、2階の洗面も造作にしておけば良かったかなとか、もうちょっとやれば良かったかなと思う部分はあります。

 

 

 

 

―設備は20年くらいすると更新する必要が出てくるので、洗面などはその時にやってみるのもいいかもしれませんね。

 

―では最後の質問です。家を建てて良かったですか。

 

本当に良かったです!とても暮らしやすくなりました。

 

 

 

 

 

―今日はありがとうございました。

 

 


 

 

インタビューを終えて、松栄スタッフ編集後記

 

 

 

ヴィンテージオークのフローリングに、吹抜けの高天井とシーリングファン

 

 

 

子供たちはリビング造り付けの勉強机で勉強をしたり、

 

 

 

固定階段で行けるロフトの秘密基地で遊んだり、友達を呼んだり

 

 

 

休日の朝は、家族でゆっくり朝食とコーヒー

 

 

 

ご夫婦が描いていた生活を、家の設計と施工に落とし込んだら、

 

 

 

とても『しあわせな家』になりました。

 

 

 

家造りに関わった私達まで幸せな気分になる、本当に良い家です。

 

 

 

S様、ありがとうございます。

定期点検でまたお邪魔させて頂きます。

 

インタビュアー:酒井 Photo:能勢