松栄のコラム&ブログ

松栄の分譲住宅「G2の家」

2019/09/07

 

松栄の新しい分譲住宅

 

しあわせな時間をつくる「G2の家」 が完成しました。

 

過去に分譲済みの住宅はこちらをクリック

 

 

※こちらの家は成約しました。沢山のお問合せありがとうございました。

 


 

 

 

3D内見はこちら

 

 

スマホの方はこちら G2の家 マーターポート

 

 

 

さて、タイトルにある「G2」ですが、簡単にご説明すると

 

 

 

 

 

「現在の日本の省エネ基準よりも、はるか上を行く断熱性能を装備した家」

 

 

 

 

 

ということで、注文住宅でもナカナカ装備しないくらいの高断熱

 

分譲住宅(建売)に装備するという、、、

 

松栄ならではのチャレンジングな仕事を、今回も行いました。

 

 

 

 

 

 

ちなみにこれがG2認定ラベル松栄でも初の取得!

 

 

 

 

 

 

右の「等級4」と表示されているのが、日本の一般的な家の省エネ基準(UA値0.87)

 

 

そして今回は、そのはるか上を行くG2グレード(UA値0.46)を取得しました!

 

(ちなみにG1、G2とありますが、G2の方が高性能

 

 

 

 

 

ただ「外皮平均熱還流率(UA値0.46)」やら「G2」と言われても、

 

一般の方は「???」だと思いますので、研究データでご説明すると、

 

 

 

 

--------------------------------------

 

--------------------------------------

 

 

図の通り、左側の一般的な家は、緑と赤のゾーンに分かれているので

 

リビングと廊下の温度差があり、冬は廊下や浴室が寒い、のですが

 

右側のG2の家は温度差が小さいので、家中どこでも快適に過ごすことができます。

 

 

 

 

ちなみに左側の家も、じつは今の一般的な省エネ住宅で、

 

古い家はもっと温度差がでます。

 

 

 

 

 

そして、こればかりは体感して頂かないとわからないのですが、

 

温度が人に与える影響は非常に大きく、実際に体感すると

 

生活スタイルが変わるくらいインパクトがある、と思っています。

 

 

 

 

ちなみに、こちら↓↓で体感できますので、これから家を建てる方は是非!!

 

LIXIL 住まいスタジオ

 

https://www.lixil.co.jp/s/sumai_studio/

 

 

 

 

 

では、『なぜ松栄の家では断熱性能にこだわっているのか?』というと、

 

 

 

 

 

家の断熱性能というものが、皆さまが思っている以上に

 

『暮らしのしあわせ感に大きく影響を与えている』と感じているからです。

 

 

 

 

 

松栄の建てる家では、光を取り込む大きな窓や、

 

気持ちの良い高天井・吹抜、を取り入れることが多いのですが、

 

 

 

断熱性能を気にせずに建ててしまうと

 

夏はエアコンが効きづらく、冬はナカナカ温まらない家

 

になってしまいます。

 

 

 

そのため夏は陽が入らないようにカーテンを閉めたり

 

冬は暖房費削減のため、限られた部屋だけ温めたり、

 

せっかく気持ちのいい空間を作っても、

 

気持ちよく過ごすことが出来なくなってしまいます。

 

 

 

 

 

これは建築業界では有名な話ですが、テレビにもよく出演している

 

某有名建築家が建てている、コンクリート打ちっ放しの家は、

 

大空間でデザイン性は良いのですが、断熱性能が著しく悪く

 

冬は家の中でダウンジャケットを着ないと過ごせないそうです。

 

 

 

 

 

でも私たちは、そんな家を建てたいわけではありません。

 

 

 

 

私たちは、夏の暑い日でも、寒い雪の日でも、

 

家の中に入れば、穏やかな春の日のように気持ちのいい家

 

であれば、家族がしあわせに過ごせるのでは、と思い、

 

家の断熱性能にこだわって、家を建てています。

 

 

 

 

 

また『断熱性能が良い』ということは、=『燃費が良い』ということなので、

 

エネルギー消費も最小限に抑えられ、地球にも優しい家ということになります。

 

子どもたちに美しい地球を遺していくためにも、断熱性能は非常に重要なのです。

 

 

 

(そして燃費が良いということは、お財布にも優しいということ、、、)

 

 

 

 

 

 

そして、ここからはデザインの話なのですが

 

松栄がデザインで大切にしていることは「肌触り」「やさしさ」です。

 

 

 

 

 

人工的な素材や、ビニールシート材は、

 

できるだけ減らし、自然素材や肌触りの良い素材を使うようにしています。

 

 

 

 

 

今回のG2の家は、リビングや主寝室には、

 

ミルクから抽出されたミルクペイントを使用しています。

 

 

 

 

自然光がやさしく反射し、とても心地が良い落ち着く空間に仕上がっていると思います。

 

 

 

 

 

バターミルクペイント。

 

缶もオシャレ。

 

 

 

 

 

 

リビングとつながった小上がりの畳スペース。

 

バルコニーとつながっているので、洗濯物をたたむのにも便利。

 

ただただ、ゴロンとするのも良し。

 

 

 

 

1階の寝室(約7.5畳) ミルクペイントに光が柔らかく反射しています。

 

 

 

以下、ミルクペイントについて

VIVID VANさんのホームページから引用。

http://vividvan.co.jp/product/buttermilkpaint/

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

バターミルクペイントは最高級の自然塗料です。

開拓時代、アーリーアメリカン職人は独自のペイントカラーを出すため、
農作物や土、レンガの粉を顔料としてバターミルクペイントを作りました。
当時は、このミルクで作られた塗料を家具や家のデコレーションに使っていました。

オールドビレッジはニューヨークのアメリカンフォークアート美術館の許可を得て、
コレクションを研究分析し、早期アメリカのフォークアートデコレートカラーを正確に提供する唯一のメーカーです。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

 

 

リビングの扉には、無垢の輸入木製扉を採用し、

 

塗装で温かみのある色に仕上げました。

 

 

 

 

リビングはロフトとつなげて、木の梁が見える勾配天井になっています。

 

 

 

2階のリビングからは固定階段で上がれますが、

 

小さなお子様が落ちないよう落下防止のルーバーも入れています。

 

 

 

 

床には、天然突板のフローリング。


ワックスフリーでありながら、マットで味のある仕上げになっています。

 

 

 

 

そして、洗面カウンターや手すり、トイレットペーパーホルダーなど、

 

手に触れるところにはできるだけ天然木を使用しています。

 


 

 

 

 

2階のキッチンは、食洗機・浄水器付のLIXILシステムキッチン。

 

リビングを見ながら作業ができる対面カウンター型としました。

 

 

 

 

横幅は2.5mあるので、ゆったり作業ができます。

 

キッチン下部には引出し型収納もたくさんついており、

 

背面にはカップボードもあるので収納量も豊富です。

 

 

 

 

 

 

 

そして、キッチン横にはルーバー扉のパントリーを設け、

キッチン周りの荷物を収納できるようにしました。

 

 

 

 

また家事動線を考え、洗濯機置場もこのパントリーの隣につくりました。

(ルーバー扉の一番右側)

 


水に濡れた洗濯物はどうしても重くなってしまうので、

 

設計する際に家事動線を考慮し、

 

洗濯機置場は、なるべくバルコニーと同じ階に設計しています。

 

 

 

 

 

壁付照明は、ツールボックスの裸電球型を使用。

https://www.r-toolbox.jp/

 


 

 

 

 

そしてこの家は、気持ちのいい高台にあるため、

 

二階リビングからの眺望が最高!なんです。

 

 

 

 

敷地条件と環境を活かし、

 

ここでしか得られない『生活体験』をつくり出すことも

 

デザインの大切な仕事。

 

 

 

 

 

植栽はいつもお願いしている、フルヤプランツさん。


http://www.furuya-plants.com

 

 

 

 

デザインが良いのはもちろんのこと、お客様のご意向に合わせて

 

剪定や手入れのしやすい植栽を選んでいただきました。

 

 

 


季節によっていろいろな花も咲くので、

 

一年を通じて季節を感じるガーデニングプランになっています。

 

 

 

 

 

おかげさまで松栄の分譲住宅は、いつも建てる前に成約してしまうのですが

 

今回も、この建物を計画している途中でご契約頂いたので、

 

分譲住宅ですがお客様の意向を取り入れた仕様、になっています。

 

 

 

 

 

施工棟数を絞って、一棟一棟丁寧に建てたいので

 

年間数棟の限定分譲になってしまいますが、

 

松栄付近(大倉山・菊名・妙蓮寺・白楽)で、

 

こだわった家をお探しの方は、一度お声がけ下さい。

 

 

 

 

 

また、今回購入されたお客様のご厚意で、

 

オープンルームを開催させて頂けることになりました。

 

G2の家を体感されたい方は、ぜひお越し下さい。

 

 

View this post on Instagram

9/16(月・祝)13-15時に、オープンハウスを開催します! 今回の住まいは、建売住宅でありながら断熱性能を従来の省エネ基準より高グレードのG2に上げたり、室内にミルクペイントを使ったり、扉に輸入木製扉を使ったり、植栽にもこだわったりと、いろんな取組みをしています。 高台から新横浜方面を一望できる素晴らしい眺望を体験してみてください。 なお、見学は予約制となっておりますので、メールにてご予約お願いします。 info@syo-ei.com また、本件は成約済みとなっております。 #松栄 #住まいの松栄 #妙蓮寺 #菊名 #大倉山 #白楽 #横浜 #ミルクペイント #木製建具 #注文住宅 #建築会社 #工務店 #まちづくり

A post shared by 住まいの松栄 (@sumaino_syoei) on

 

 

 

 

お引渡しも間近ですが、

 

この家で、これからどのような暮らしが紡がれて行くのか、

 

住みこなされて、家がどのように成長していくのか、

 

非常に楽しみです。

 

 

 

G様、おめでとうございます。