松栄のコラム&ブログ

妙蓮寺の家 基礎工事

2018/11/20

先日着工した『妙蓮寺の家』

今日は1階床下のコンクリート打ちです。

 

 

 

 

 

コンクリートで基礎をつくり、水、湿気が住宅内に

上がってこないように1階の床を地面より高くします。

 

 

 

下のイメージ図の基礎床下構造『ベタ基礎』という構法になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は床のコンクリートを打つために、

基礎の職人さん2人、ポンプ車の担当1人、ミキサー車の担当が数名と、

10人近くの協力業者さんが現場に来られました。

 

 

 

 

 

コンクリートを打つ一工程だけでも、多くの人が携わって家づくりを支えています。

 

 

そして、コンクリートを打った後、日が暮れた後も

職人さんがコンクリートの表面を丁寧に整えてくれていました。

 

 

 

 

 

写真はコンクリートを『打つ前』『打った後』のものです。

コンクリートの中には地震に対抗するための鉄筋がびっしりと入っています。

 

 

 

 

 

 

基礎の中は最後には見えなくなってしまうところですが、

建物を支える重要な部分ですので、細心の注意を払ってチェックをしています。

 

 

 

 

 

松栄建設では、自社チェックだけでなく、

外部の監査士を入れてダブルチェックを行っています。

https://nextstage-group.com/

 

 

 

 

 

こうした職人さんの努力や、細やかなチェックの積み重ねにより、

長く住める家がつくられていきます。

 

 

 

 

 

設計・現場担当  能勢宇量