トップページ

SYOEIMAGAZINE

2021[Mon]

06.07

地元だからこそ わかること

不動産の評価は、『道一本』で、本当に大きく変わります。

 

 

 

例えば、

 

・道路を超えると、学区が変わる場合

 

2階建までと、3階建も建てられる地域

 

・山の 陽当りの良い側と、陽当たりの悪い側

 

 

 

実際に、道路の右側・左側で、売却額に1000万以上の差がでる場合もあります。

 

 

 

これは、実際に弊社の分譲であった事例なのですが

 

弊社が分譲した「道路の左側」は人気の「大綱中学区」でした。

 

「道路の右側」は、別の学区になっており、

 

偶然、同じ時期に他社さんが分譲を行っていました。

 

 

 

 

人気学区だった弊社住宅は『6000万円台』で販売し、建てる前に早期成約しましたが、

 

道の反対側の他社さんの家は、4000万円台の販売でも買い手がつかず、最終的に数百万円の値引を行っていました。

 

 

 

 

『駅からの徒歩』『街並み』は、ほぼ同じなのですが、

実際の成約額に、これだけの差がでることも、不動産取引ではよくあります。

 

 

 

 

 

 

また、人気の地域になると

『駅のこちら側の、この道路まで』という、ごくごく限られた地域内で

 

 

『この地域だったら、多少高くても欲しい』というお客様がいる場合があります。

 

 

 

白楽ですと、篠原台町 篠原西町、白幡西町、白楽

妙蓮寺の、菊名 仲手原篠原東

菊名の、富士塚 錦が丘、菊名

大倉山の、旧太尾町 大曽根台の一部 などなど

 

 

 

『限られた地域』で、土地が出てくるのを

数年単位で待っているお客様もいらっしゃいます。

 

 

 

 

私たちは、そんな購入希望のお客様の声を日々聞き、

 

また、スタッフも多くがこの街に暮らしているので、

 

この土地の 『肌感』を、お客様と共有できます。

 

 

 

 

 

 

創業から60年以上、この地で行ってきた不動産取引のデータと

 

住んでいるからこそわかる『地元ならではの感覚』

 

この両方を合わせ、正確な査定確実な取引を行っています。