松栄のコラム&ブログ

しあわせな時間をつくる賃貸住宅 ①

2019/10/08

 

設計・現場担当の能勢です。

 

 

 

今回は、松栄で新しく作っている賃貸住宅の話です。

 

 

 

 

 

賃貸探しでいつも思うこと、それは

 

 

 

 

自分が本当に住みたい家が見つからない

 

 

 

 

ということ。

 

正確にいうと、無理なく払える家賃の中で、

 

 

 

 

 

その家に愛着が湧くような、

 

 

 

 

 

ずっと住みたいと思えるような、

 

 

 

 

 

そんな賃貸住宅に出会うことが本当に難しい、

 

 

 

 

 

ということです。

 

 

 


 

 

大学生になって一人暮らしを始めたのは2000年のことでした。

 

 

 

それから4回ほど引越しをしていますが、

 

いつも賃貸探しの際には、この壁に当たります。

 

 

 

 

 

内装が好みでなかったり、

 

キッチンやお風呂の使い勝手が悪かったり、

 

朝起きても薄暗くて、どんよりとした気持ちになったり、、、   ずっと

 

 

 

 

 

『 賃貸とはそういうものだ、、、、 』

 

 

 

 


と思って受け入れていました。

 

 

 

そんな賃貸人生の転機は、結婚して最初に住んだ小さなワンルームでした。

 

 

 

 

 

 

夫婦二人ともそれほど広い部屋を望んでいなかったのと、

 

部屋も区切るより大部屋の方が好きだったので、

 

25~35㎡くらいの部屋を探していました。

 

 

 

東京の不動産屋さんに沢山探していただき、見つけてもらったのが、

 

27㎡のワンルームマンションをリノベーションしたお部屋でした。

 

 

 

 

 

そこは床が無垢のフローリングで、裸足で歩くととても気持ちよく、

 

 

 

 

 

天井はコンクリートに白い塗装がされていて、

 

 

 

 

 

照明で凸凹が浮き出ている感じが、なんだか外国のアパートにいるようでした。

 

 

 

 

 

収納は扉がなく、木でできた格子状の棚がついていました。

 

雑貨や本を並べるとカフェにいるような気持ちになりました。

 

 

 

キッチンも洗面も既製のものとは違い、

 

使うほどに愛着が湧いてくるのがわかりました。そして

 

 

 

 

 

『 あぁ、、こういうところで暮らしたかったんだな、、、 』

 

 

 

 

 

ということに初めて気がつきました。

 

 

 


 

 

 

 

そんな自分の経験もあり、松栄でつくる賃貸住宅は、

 

 

 

 

 

自分たちが本当に住みたいと思えるものをつくりたい  』

 

 

 

 

 

と考えています。

 

 

 

 

 

これは、分譲でも、注文でも、賃貸でも変わりません。

 

私達が仕事をする上で大切にしていることだからです。

 

 

 

 

 

そして、いま大口駅徒歩5分の場所で

 

 

 

企画、デザイン、設計、施工、賃貸募集、管理まで

 

 

 

すべてを松栄が行う賃貸住宅を建築しています。

 

 

 

私達が大切にしたいことを、ギュッと詰め込んだ賃貸住宅にしたいと思っています。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

しあわせな時間をつくる賃貸住宅 ② に続く