松栄のコラム&ブログ

クラッシックは不滅

2019/07/12

会長は、いつも手書きで図面を引いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

会社的にはCADが標準なのですが、会長は手書き。

(対外的には会長の手書きはスタッフがCADに入力し出力)

 

 

 

 

今日も、測量図から「借地の陰地割合」を計算していました。

 

 

 

使っていたのが、こちらのステッドラーの勾配三角定規。

 

 

 

 

 

 

今では使っている人、かなり少ないんじゃないかと思いますが、

 

角度を測るための定規です。

 

 

 

 

 

実はこの勾配三角定規は2代目。

 

会長が早大建築学部だった学生の頃から

 

50年使っていた物が、最近壊れてしまって買い替えた二代目。

 

 

 

 

 

 

この勾配三角定規をみていたら、

 

ふと映画の『マイ・インターン』で、ロバート・デ・ニーロが

 

長年愛用している革鞄から、万年筆などのクラッシックな仕事道具

 

を取り出す名シーンを思い出しました。

 

 

 

 

 

 

 

仕事のツールって、アナログでもデジタルでもどちらでも良くて

 

大事なのは、どれだけその仕事に愛を込められるか、、、

 

 

 

そんなことを感じた月曜日の午後でした。