トップページ

SYOEIMAGAZINE

2013[Sun]

12.08

松栄の仲介では無料でプロの建物チェックが付いてきます

 

 2013年から、松栄で家を購入して頂いた方向けにスタートさせたサービスがあります

 

 

 

 

 

「建物のインスペクションサービス」

 

 

 

 なのですが、わかりやすく言うと

 

 

  

「建物のプロに家を見てもらい、チェックしてもらうサービス」

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

不動産の売買契約を行うと、最後の代金を支払うまでに1ヶ月以上の時間があるのですが

 

その最終代金を支払う前に「内覧会」というものが行われます。

 

 

 

 

この「内覧会」

 

 

 

「残代金支払前に、建物に傷や不具合が無いか買主様が確認する」

 

 

 

という場であり、売主さまへ数千万円の残代金を支払う前の

とても重要な「最終チェック」の場です。

 

 

 

 

今までの一般的な「内覧会」では、その物件の現地に

 

◎ 分譲業者(もしくは売主さま)

◎ 工務店など施工業者(建売、新築マンションの場合)

◎ 仲介業者(不動産屋)

◎ 買主さま

 

などが集まり、

 

売主さま、施工業者さんから、買主様が30分くらい建物の説明を受けた後

 

 

 

「買主さまが、自分で建物のチェックを行う」

 

 

 

という場合がほとんどでした。 

 

 

 

しかし残念ながら「買主さま」は「建物のプロ」ではないので、

 

「正直、よくわからない」 という状況でチェックを行い、

 

 

 

「ちょっとしたフローリングの傷」や「クロスの汚れ」など

「表面的な事」を指摘するだけで終わってしまう場合、がほとんどでした。

 

 

 

これについて、私たちは以前から

 

『もっと良くならないかなぁ』

 

と思っていました。

 

 

 

そこで、建築士やインスペクターという

 

「建物診断の資格」を持っているプロに依頼し

 

プロの建物チェックを入れ、

 

お客様に「安心して買ってもらおう」

 

という思いでスタートさせたサービスなんです。

 

 

 

サービスの実際の様子はこんな感じ

 

現場でどんなチェックを行っているのか説明を受けて

 

実際にこんな専門機材(レーザー)を使って水平チェックします。

 

 

 

 

これは含水率計

説明のため、腕にあててますが床下などの木材の水分濃度を調べる機械です。

 

 

 

  床下

 

 

1軒にだいたい2.5〜3時間かけて、

 

外回りから内装、床下から屋根裏、をチェックしてくれます。

 

 

 

そして内容はこんな感じのレポートにまとめてPDFで提出

 

 

 

 

多い場合は写真が100枚以上になります。

      

 この報告書があれば、建物に詳しくない方でも、

 

『どこが良くて、どこがダメなのか』

 

一目瞭然でわかるようになっています

 

そして建物の履歴としてキチッと記録が残せます。

 

 

 

 

松栄には建築士資格を持っている者が3名いますが、

 

このサービスで重要な事は、

 

 

『利害関係にない、第三者が報告書をつくること』

 

 

だと思っているので、あえて外部の調査会社に費用を支払い、

完全な第三者としてチェックを行ってもらっています 。

 

 

 

そしてこのサービスは、

 

 

◎ 松栄の家を買って頂いた方

◎ 松栄の仲介で家を買って頂いた方

 

 

は松栄が費用を負担し、お客様は無料でご利用頂けます

 

 

 

おかげさまで、お客様からは大好評です!!

 

 

 

「ここまで見てくれて本当に安心!」とか

 

「自分じゃこんなところまで見れないです」

 

「これほんとイイですね!」

 

 

 

というお言葉を頂いています、ありがとうございます!!

 

 

欧米では当たり前のサービスなので、

 

日本でも今後こんなサービスが業界の標準になっていけばいいな、と思っています。