松栄のコラム&ブログ

お客様は神様??

2017/05/30

 


昔から疑問に思っていることがありました。

 

 

 

 

 

 

 

商売の世界では

 

 

 

 

『お客様は神様です』

 

 

 

 

という事をいう人がいますが、

 

 

 

 

正直なところ、

 

 

 

 

 

 

 

松栄では、そうは思っていません。^^;

 

 

 

 

 

 

あたり前ですが

 

 

 

 

 

 

『お客様も人間』

 

 

 

 

 

 

 

 

だと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様を『神様扱い』してしまうと、

 

どうしても『距離』ができてしまい、

 

私達が日々接している感覚とは違うなぁ、と感じるんです。

 

 

名称未設定 1 のコピー

 

 

 

 

 

 


では、どんな気持ちでお客様と接しているんだろうかと考えたのですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『久しぶりに会う親戚』

 

 

 

 

 

 

 

のような感覚が近いかなと思いました。

 

 


感覚を例えると(完全に妄想ですが、、、、w)

 

 


正月に、久々に会った姪っ子が、結婚をして

 

 

 

 

 

 

s_01af866034556ebfcb99da83c8386a646fe2fe6de3

 

 

『子供が出来たから、家を買おうと思ってるんだぁ』

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて相談された時に、不動産と建築を仕事にしている私は

 

 

 

 

 

『頼りになるオジちゃん』として

 

 

 

 

 

『いまは、こういう家が良いと思うよ』とか

 

 

『こんな所は注意した方がいいね』とか

 

 

『こんな方法もあるよ』などなど、

 

 

 

 

いい家が見つかるように、

 

 

『自分が持っている専門知識を活かして

 

 アレコレとアドバイスをしたくなる気持ち』

 

 

に似てるなぁ、と 笑

 

 

 

 

 

 

 


家を売るお客様も同様で、

 

 

 

 

 

よく遊んでもらった親戚のおばちゃんが、(妄想第二弾 w)

 

 

右も左も分からないまま、家を売ることになった時、

 

 

 

この業界、アレヤコレヤと巧みに営業してくる不動産屋が多いので

 

 

 

 

 

 

『ココは気をつけて』とか

 

『こうするとスムーズに売れるよ』

 

 

 

 

 

なんていうアドバイスをして

 

なんとか気持よくスムーズに売ってもらいたい、

 

っていう感覚なんだよなぁ、と、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 


だから

 

 

 

 

 

『家を買ってもらいたい、売ってもらいたい』

 

 

 

 

 

という気持ちではなくて、どちらかと言うと

 

 

 

 

『私達が持ってる専門知識とツールを役立ててもらいたい』

 

 

 

 

 

という気持ちなんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、結果として他社さんで借りたり、買ったお客様

 

 

 

 

『お陰さまで、いい家に住めました!!』

 

 

 

 

なんて感じで、お店にお礼に来てくれたりするとホント嬉しい!!(≧▽≦)

 

 

※お陰で給湯室に菓子折の山がよく出現します。w

 

 

 

名称未設定 1 のコピー

 

 

 

 

 

 

 

 


だから『お客様は神様』ではなくて『お客様も同じ人間』

 

 

 


うちにご縁を感じて、来てくださるお客様は『久しぶりに会う親戚』

 

 

 

 

そんな感覚で、いつも仕事をしています。

 

 

 

名称未設定 2 のコピー

 

↑お店の前で見つけた、シロツメクサのリース